症例報告

墨田区 腰痛でお困りの30代男性

前回肩の違和感を訴えておられた患者さんが「肩の痛みは楽になったけど、今度は腰の痛みが目立つようになった」と来院されました。

この方は腰椎の前弯が強く、また胸椎の湾曲も弱いため腰背部や頸部後方の筋の緊張が強いのが特徴でした。

痛みの神経はなかなかいい加減で、他の箇所が痛み出すと昔痛かった場所は目立たなくなることが多いです。

その逆もしかりで痛かったところが緩和すると、また別の痛みが出現することが多いです。

特に頸部と腰が痛い方は『脊柱起立筋』や『広背筋』が短縮していることが多いです。

個の方も例にもれず硬結が見られたので、まずは緊張を緩めるリリースを実施。

その後骨盤後傾位での腹斜筋、腹横筋の促通を実施。

腰椎の前弯が強い方は骨盤後傾位を固定する練習が有効になります。

上記実施後は肩と腰の痛みも緩和したとのことでした☺