症例報告

墨田区 被殻出血でご来院された50代男性

こんにちは!墨田区にある快活整体 Live Foreverです(^^)

今回は被殻出血の後遺症で悩まされている方がご来店されたのでご報告させていただきます。

理学療法評価

この方は5ヶ月ほど前に被殻出血が発症し1ヶ月急性期病院へ入院、その後回復期病院へ4ヶ月間入院しご退院された方です。

金属支柱付き短下肢装具と杖を使用して屋外歩行が可能ですが、さらなる歩行レベルの向上とパソコン業務ができるようにしたいためご来店されました。

まず片麻痺の評価を行うと、下肢は隨意性が少し保たれていますが上肢の隨意性がかなり低いです。

感覚障害と高次脳機能障害はありませんでした。

お話を聞いていると片麻痺になってから屋外移動をする機会が減少し、単純な持久力と筋力低下が疑われます。

まずはどんどん筋を使わせ適切な動作パターンを学習し、活動量と活動範囲の拡大を目指す必要があると判断ししました。

リハビリと再評価

まずは麻痺側上下肢のストレッチと両上下肢の筋力トレーニングを行います。

麻痺側は隨意性が乏しいので、私のほうで方向を誘導したり介助しながら動作を学習していきます。

次に座位姿勢を整えていきます。座位姿勢は立位姿勢とくらべて下肢が安定した状態で体幹のコントロールやバランスを鍛えることが可能です。

座位姿勢が乱れていると、立位姿勢や歩行動作にも悪影響を及ぼすのでかなり大切な部分になります。

次に平行棒で立位のバランス練習と段差を使用したステップトレーニングを行っていきます。

麻痺側にきちんと体重を乗せることで立位姿勢と歩行動作の安定性を向上させることが可能です。

またステップトレーニングは歩行時に足を踏み出す能力を高めることができます。また階段昇降においても応用が効くのでとても便利なトレーニングです。

最後に装具を外した状態とつけた状態での歩行を観察しこの日は終了となりました。

最後に

被殻出血を含めて、脳卒中の症状はどの時期でも適切なリハビリを行うことで能力の向上や症状の改善の見込みはあります。

同じような症状でお悩みの方はぜひお気軽に当院までご相談ください(^^)