症例報告

墨田区 腰部脊柱管狭窄症のしびれに悩む80歳代男性

腰部脊柱管狭窄症の下肢の放散痛に悩む男性がご来店されました。

杖を使用しており、しびれによる痛みを良くしてもう少し動けるようになりたいご希望があります。

評価を行うと腰部脊柱管狭窄症による放散痛は両下肢にあるようですが、特に左が強いようです。

また、痛みの影響で外出頻度や歩行距離が減少しており全体的に廃用性筋力低下が目立ちます。

まず脊柱管狭窄症の場合はしびれと痛みにより全身の筋緊張を緩和させることが要です。

そのため全身の筋膜リリースや硬結部のストレッチを実施。

そのうえで必要な筋力訓練とバランスexを行いました。

上記アプローチにて疼痛が緩和し歩行安定性も向上が見られました。

腰部脊柱管狭窄症の症状の根本改善はリハビリで行えませんが、現在の症状を緩和させたり必要な個所を強化しQOLを向上させる事は可能です。

今よりも良くすることは確実に可能です。

同じような症状でお悩みの方は『快活整体 Live Forever』までお気軽にご連絡ください☺