症例報告

墨田区 視力の左右差で肩こりが生じている男性

右の頸部~肩周囲に違和感と重だるさを抱えている男性がご来店されました。

お話を聞いてみると右の視力が左に比べてだいぶ悪く、視力差がある事です。

触診を行ってくと左に比べ右側の頸部~肩甲帯にかけて筋肉がかなり緊張しています。

筋膜リリースと僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋へのダイレクトストレッチを中心に実施。

また頸椎の可動域の改善を行いました。

上記アプローチにて症状はだいぶ改善し疼痛も消失。

ただ筋の緊張は残存しており、完全に戻すには視力の左右差の修正と定期的なストレッチが必要だと感じました。

視力の左右差は肩こりの原因になります。

視力検査の際に左右差を感じる時は、何かしら修正するための方法を検討してもよいと思われます☝