自律神経失調症

自立神経とは

こんにちは!墨田区押上にある快活整体 Live Foreverです(^^)

よく季節の変わり目には自立神経が乱れやすいといわれてますよね。

最近はストレスで自律神経が乱れやすいこともだいぶ広まってきました。

そんな自立神経の概要について、この記事ではご説明させていただきます。

自立神経とは

自律神経は、無意識に呼吸、消化、排泄、循環、分泌、生殖といった機能を調節する神経を指します。

内臓は全て自律神経によって支配されており、また自律神経は感情に大きく影響される特徴があります。

自律神経はお互い反対の作用をもつ交感神経と副交感神経に分かれており、時間帯や環境でスイッチが切り替わるようにできています。

自律神経が乱れることでストレスを感じやすくなったり内蔵の働きが悪くなり、睡眠の質や活動性の低下が生じてしまいます。

交感神経とは

交感神経は身体活動するときに優位になる神経です。

呼吸数や血圧の上昇、瞳孔の拡大、興奮といった作用が起こり、消化機能が抑制されます。

ストレスを多く感じているときは交感神経の働く時間が長くなり、脳や身体が休まらないため自律神経失調症になります。

疲れやストレスを感じているときは、なるべく休む時間を作り副交換神経を優位にする必要があります。

副交換神経とは

副交換神経は休息時に優位になる神経です。

呼吸数や血圧の降下、心拍数の低下、筋肉の弛緩、発汗の抑制が起こり、活動機能が抑制されます。

夜になるにつれて副交換神経が優位になり、入眠の準備に入ります。

しかし夜も活動したり、夜ふかしすると交感神経が刺激され、副交換神経が優位にならず自律神経の乱れに繋がります。

疲れやストレスを感じているときは、いかに副交換神経を優位にできるかが大切です。

自律神経を整えるには

自律神経を整えるには、日中活動し夜間はしっかり休むといった規則正しい生活を心がけることが重要です。

以下に自律神経を整える方法を列挙します。

①寝る時間と起きる時間を一定にする

②適度に運動を行う

③午後にカフェインを摂取しない(特にコーヒー)

④深酒をしない

⑤寝る前に食事を食べない

⑥シャワーだけでなくしっかり入浴する

⑦たばこを吸わない

⑧ストレスを溜めない

最後に

いかがだったでしょうか?

自律神経を完全にコントロールすることはできませんが、ある程度調節することは可能です。

交感神経と副交換神経の切り替えを適切に行えていることが、生活を送る上でとても大切なことです。

まずは上記の整える方法を試してみてください(^^)

すでに自律神経失調症の症状でお悩みの方は以下の記事をご参照ください。