変形性関節症

墨田区 変形性膝関節症でご来院された60代女性

こんにちは。墨田区押上・錦糸町エリアにある快活整体 Live Foreverです(^^)

この度、変形性膝関節症による痛みでご来院された方がいたのでご報告させていただきます。

理学療法評価

この方は10年ほど前から膝の痛みがあり、病院を受診し右の変形性膝関節症と診断されたそうです。

医師からはずっと人工関節の手術を薦められているそうですが、リハビリでなんとか維持したいと思い当院にご来院されました。

評価を行うと、右の膝関節の曲がりと伸びの可動域が狭まり、また全体的に足の筋力も低下がみられます。痛みの程度も強いです。

その影響からか杖で移動されており、歩行の仕方にも乱れが生じています。

短期目標を膝関節の可動域、下肢の筋力改善とし、ゴールを歩行時の痛み軽減、歩行能力の向上としました。

リハビリ

まずベッド上で右膝関節の可動域訓練と両下肢の筋力訓練を行います。

その後痛みの生じている膝周りの緊張緩和を実施。

最後に平行棒で踵上げ、スクワット、もも上げ、ステップ訓練を行いこの日は終了しました。

この日だけでも膝の曲げ伸ばしの可動域が拡大し、膝の痛みも楽になったとのこと。

この方は現在も週1回で通ってくださり、徐々に膝の痛みも緩和しています。

最後に

変形性膝関節症はどの重症度でも痛みの緩和はある程度可能です。

ただしかなり痛みが強くなっている場合はどうしても手術を選択しなければならない可能性も。

できるかぎり早めに対策をうつことが大切です。

当院では変形性膝関節症に対する適切なリハビリが可能です。

痛みや歩行でお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)