整体

足底筋膜炎について

「足の裏がずっと痛い…」

「昔から扁平足で足がはれやすい…」

上記のような症状がある方。

もしかしたらそれは『足底筋膜炎』かもしれません!

足底筋膜炎について

足底筋膜炎は踵から足の指まで張っている足底筋膜という場所が過負荷によって炎症が生じる疾患を指します。足底腱膜炎ともいわれます。

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い。

wikipediaより

基本的には扁平足で床反力が分散出来なかったり、歩行やランニングのしすぎにより足底筋膜に負担がかかりすぎて生じる事が多いです。

足底筋膜炎の対策

足底筋膜炎を改善するには足底の筋や筋膜をストレッチするのが重要になります。

またタオルギャザーやビー玉拾いなど、総趾屈筋、長母趾外転筋、小趾外転筋の筋力トレーニングが有効になります。

イメージとしては足の内側アーチを作るようにする感じです。

また普段の歩行や姿勢が問題の一つになることも多いので、左記の修正やバランスexを行い足裏の負担を減らそうとする工夫も大切です。

最後に

足底筋膜炎はインソールも有効になりますが、その前に足裏をストレッチしたり適切なアプローチを行えばそれだけで改善されることも多いです。

まずは上記のアプローチを試してみてください(^^)

当院でも足底筋膜炎のアプローチは可能なので症状でお困りの方はお気軽にご相談下さい(^^)