リハビリ

半月板損傷の症状とリハビリを理学療法士が解説!

こんにちは!

墨田区押上にある快活整体 Live Foreverです!

早速ですがこんなお悩みを抱えていないでしょうか?

  • 「膝の曲げ伸ばしで痛みや違和感を感じる…」
  • 「スポーツ後から膝に違和感がある」
  • 「ステップやジャンプが上手くできない」

スポーツしている人なら結構ありそうな場面だよな

膝は気をつけないとね

今回は半月板損傷の症状とリハビリについてお話ししていきます!

半月板損傷の症状

半月板損傷は大腿骨と脛骨の間にある半月板が傷ついた疾患です!

受傷原因はスポーツが多く、膝の曲がっている状態で体重をかけ急激にひねりを加えることで発症します。

半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも損傷が生じやすくなります。

やっぱりスポーツ中に発症することが多いんだな。

特に方向転換やジャンプが多いスポーツね。

患者さんは運動中における膝関節の痛み関節に何か挟まった感じを訴えることが多いです!

重度になると膝を完全に伸ばせなくなるロッキングという症状が出現することも。

レントゲンで半月板は映らないのでCTやMRIで判明することが多いです。

半月板損傷のリハビリ

半月板損傷の治療法として第一選択肢になるのはリハビリです!

半月板損傷のリハビリは以下のメニューを行います!

  • 膝の関節可動域訓練
  • 筋力トレーニング
  • 荷重練習や閉鎖的運動連鎖トレーニング
  • バランストレーニング
  • 運動学習

やっぱりリハビリが大切なんだな。

膝の筋肉はもちろん弱い所を鍛えて予防する必要があるからね。

痛みが強い場合や急性期は痛み止めなどの薬物療法も選択されます。

時間が経過したりリハビリを行っても痛みが引かない場合は手術を検討することも。

手術には切除術縫合術の2種類があり、通常は関節鏡を使った鏡視下手術を行います。

最後に

ジョギングする女性

治療が終了しても、損傷を繰り返さないための身体の使い方を学習することも大切です!

膝に負担をかけないように生活習慣を見直したりすることもあります。

半月板損傷を生じる場合は元々何かしらの問題点がある場合が多いので、そこを見つけて対策することがポイントになります。

当院でも半月板損傷のリハビリとアドバイスが可能なので、お困りの方はお気軽にご相談ください!

関連記事