しびれ(神経痛)

腰椎椎間板ヘルニアの治療について理学療法士が解説!

こんにちは!

墨田区押上にある快活整体 Live Foreverの木村です!

早速ですがこんなお悩みを抱えていないでしょうか?

  • 「坐骨神経痛が全然治らない…」。
  • 「足がしびれて力が入らない。」
  • 「身体を曲げると腰がピキっていいそう。」

ぎっくり腰とか坐骨神経痛はいきなり来るからな〜。

恐ろしくて動けなくなっちゃうわよね。

今回はそんな症状が出やすい腰椎椎間板ヘルニアについてお話していきます!

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板にある髄核がはみ出て神経を圧迫する疾患です!

腰椎に好発するので坐骨神経痛が出現しやすいです。

なるほど!坐骨神経を支配している場所になりやすいのか。

そうゆうこと!重いものを持ち上げたり中腰をとる機会が多いと発症しやすいんだ。

20〜40代の男性に多く、腰や足のしびれ、体に力が入らなくなるといった症状が出現します。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

リハビリをするセラピスト

腰椎椎間板ヘルニアの治療は鎮痛薬による薬物療法がメインです!

並行して温熱療法、寒冷療法、ストレッチ、筋力トレーニングといったリハビリを行うこともあります。

現在はMRIの発展で脱髄が自然縮小することが分かっており手術をしない方向で進めることが多いです。

時間が立つと症状がなくなるんだな。

医学の発展は凄いわね〜。

しびれや排尿障害で生活に支障をきたす場合は手術を選択することあります!

急性期

安静

症状が出現したばかりの時期はコルセットをして安静にするのが原則です!無理に動くのは絶対ダメ。

特に炎症反応がある急性期では冷やすが正しい処置になります。強いマッサージも控えてください。

風呂もゆっくり入っちゃだめだぞ!

腰が痛くてもマッサージに行っちゃだめよ。

痛みがとても強い場合はブロック注射を打つこともあります。

1週間ほど経つと急激な痛みが落ち着き慢性期に移行します。

慢性期

痛みが落ち着いてきたら腰痛体操やストレッチを開始します!

他にもホットパックで患部を温めたり筋力トレーニングを行うことも。

このような流れで徐々に痛みが緩和し元の生活に戻る事ができます。

この時期になったらリハビリが大切だぞ!

少し痛くても運動する必要があるわよ〜。

最後に

腰椎椎間板ヘルニアはきちんと治療をすることで症状を緩和させることができます!

「やっぱり腰椎椎間板ヘルニアかも…」と思った方は整形外科にかかることを強くおすすめします。

発症からしばらく経っている方もリハビリで症状を緩和させることができます。

当院でも腰椎椎間板ヘルニアのリハビリが可能なのでお困りの方はお気軽にご連絡ください!

関連記事