しびれ(神経痛)

坐骨神経痛の治し方を理学療法士が解説します!

こんにちは!

墨田区押上にある快活整体 Live Foreverの木村です!

早速ですがこんなお悩みを抱えていないでしょうか?

  • 「最近足が痺れるようになった。」
  • 「症状を調べたら坐骨神経痛かも…。」
  • 「お尻が張っている気がする。」

うちの母ちゃんも坐骨神経痛だ。

特に更年期の女性に多い印象よね。

今回はそんな坐骨神経痛の治し方についてご説明させていただきます。

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は足の神経である坐骨神経にしびれが生じている状態のことです!

坐骨神経は太ももの裏側を支配しており、また足首を動かす神経に移行するため膝下〜指先までしびれが生じるというわけです。

上記の通り坐骨神経の症状を指し疾患の名称ではありません。

原因はバラバラってわけだな。

しっかり原因にアプローチしないと効果がでないのよ!

坐骨神経にしびれが生じる原因は様々あり下記でご説明させていただきます!

腰椎椎間板ヘルニア

一つ目の原因は腰椎椎間板ヘルニア

椎間板の内にある髄核がはみ出し神経を圧迫して症状が出る疾患です。

ヘルニアは腰椎で生じることが多く、坐骨神経を支配している神経根が圧迫されてしまうので坐骨神経痛が生じやすいです。

ヘルニアになる場所が坐骨神経を支配しているとこなんだな

そうゆうこと!ヘルニアは前かがみ姿勢になると症状が強くなる特徴があります。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症も坐骨神経痛の原因になります!

椎体の位置がズレることで、坐骨神経を支配している神経根が圧迫され症状が生じるという流れになります。

狭窄症の対策をしっかりしないと症状は緩和しないのね。

そうゆうこと!狭窄症は背筋を伸ばすと症状が強くなる特徴があります。

お尻の筋肉が硬くなっている

お尻の筋肉が硬くなると坐骨神経痛が生じることがあります!

特に梨状筋という筋肉が硬くなり坐骨神経が圧迫されるケースが多いです。

他にもハムストリングス、腓腹筋、前脛骨筋といった坐骨神経と関連している筋が硬くなることでも生じます。

筋肉が坐骨神経痛に関係してるんだな〜。

そうなんです!坐骨神経痛と一緒に足がつりやすい方は筋肉が硬くなっている場合が多いです。

坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛を治すには原因を把握することがとても重要です!

  • 筋肉がかなり硬くなっている。
  • あまり運動やストレッチをする習慣がない。

これに当てはまる場合は今回お伝えする方法で坐骨神経痛が治る可能性があります!

ただし腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症がある場合は、筋肉をほぐすだけで治る可能性は低いかもしれません。

もし長年症状が続いていたり、整体に行っても良くならない場合は整形外科でCTやMRIを撮ってもらうことをおすすめします。

こちらではご自身で可能な対処法をお伝えしていきます!

腰やお尻の筋肉を温める

温熱は筋肉を柔らかくする効果があります!

リラクゼーション効果もあるので神経痛を緩和させることが可能です。

薬局で売られている【ホットパック】を使用するのがおすすめです!

腰やお尻の筋肉をほぐす

硬くなっている筋肉を柔らかくすると坐骨神経痛が改善する可能性があります!

特に梨状筋が硬くなり坐骨神経が圧迫されるケースは非常に多いです。

「坐骨神経痛は治らない」と思い対処しないのはもったいないので、自分でほぐすのが難しい場合は整体にいくのがおすすめです。

無理にストレッチと運動をしない

東洋医学

下手に筋肉をストレッチしたりトレーニングすると坐骨神経痛が悪化することがあります。

よかれと思い無理に行ってしまう方が少なくありません。

症状発生から2週間は温熱療法やマッサージで対応し、それでも治らない場合は整体に行かれるのがよいです。

最後に

坐骨神経痛はきちんと対処すれば症状を緩和することが可能です!

神経痛は手のうちようがないという常識はもう古いです。

今回お伝えした対策をしても症状が緩和しない場合は整体に行くのがのがおすすめです!

ひどい坐骨神経痛の場合は腰部脊柱菅狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるので、一度整形外科に相談してください。

当院でも坐骨神経痛の施術が可能なので、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください!

関連記事