整体

腰椎椎間板ヘルニアの治療

こんにちは!墨田区押上にある『快活整体 Live Forever』です(^^)

おそらくこの記事を見ている方は

「坐骨神経痛が全然治らない…」

「足がしびれて力が入らない」

そんなお悩みを抱えている方が多いかもしれません。

今回はそんな症状が出やすい【腰椎椎間板ヘルニア】についてお話していきます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板の内にある【髄核】と呼ばれるものがはみ出て神経を圧迫する疾患を指します。

坐骨神経を支配している【下部腰椎】に後発しやすいため【坐骨神経痛】が出現するという流れになります。

腰椎椎間板ヘルニアは【急性型】と【慢性型】に大別されています。

急性型はくしゃみをしたり重いものを急激に持ち上げたりすると発生することが多いです。

慢性型は【前かがみ】【中腰の姿勢】をとる機会が多いと発症する危険性が。

高齢の方よりも20〜40代の男性に多く、【腰や足のしびれ】【体に力が入らなくなる】症状が出現し腰を曲げると悪化する特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は鎮痛薬による【薬物療法】がメインになります。

併用して【温熱療法】【寒冷療法】【ストレッチ】【筋力トレーニング】のリハビリを行うことも。

現在はMRIの発展で脱髄が自然縮小することが分かっており、手術をしない方向で進めていくことが多いです。

しかし【排尿障害】や【しびれ】が生活に大きな支障をきたしている場合は手術を選択することあります。

急性期

症状が出現したばかりの時期はコルセットをして安静にするのが原則です。※運動は禁忌

特に炎症反応が出現している急性期では温めるのではなく冷やすほうが正しい処置になります。

強いマッサージも控えてください。

とても痛みが強い場合はブロック注射を打つこともあります。

一般的に1週間ほどすると急激な痛みが落ち着き慢性期に移行します。

慢性期

急激な痛みが落ち着いてきたら【腰痛体操】や【ストレッチ】といったリハビリを開始。

今度は冷やすのではなく【ホットパック】で患部を温め緊張している筋肉を緩めていきます。

並行して【骨盤を動かす】【腹圧を高める】【歩く】【階段をのぼる】リハビリも行います。

このような流れで徐々に痛みが緩和して元の生活に戻る事ができます。

おおよそ2〜3週間入院して退院するパターンが多いです。

最後に

いかがだったでしょうか?

【腰椎椎間板ヘルニア】はきちんと治療を受けることで症状を緩和させることができます。

「やっぱり腰椎椎間板ヘルニアかも…」と思った方は一度整形外科にかかることを強くおすすめします。

発症からしばらく経っている方も【リハビリ】を行うことで症状を緩和させることが可能です。

当院でも腰椎椎間板ヘルニアのリハビリは可能なので、症状や生活にお困りの方はお気軽にご連絡ください(^^)