リハビリ

脊柱管狭窄症の治し方

こんにちは!墨田区押上にある『快活整体 Live Forever』です。

「足がしびれてつらい、、、」

「足が良く攣るようになった」

そこで病院に行った所、脊柱菅狭窄症と言われてしまった。

年齢を重ねてくると、どうしても体の調子が悪くなりがちですが、特に多いのがこの脊柱菅狭窄症です。

今回は腰部脊柱管狭窄症の概要から治し方についてご説明させていただきます。

脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症とは背骨の腰椎とよばれる箇所が変形し、脊髄の神経が圧迫されている状態を指します!

先天性(生まれつき)と後天性がありますが、変形性脊椎症や脊椎すべり症が原因で神経が圧迫される後天性がほとんどです。

年齢を重ねるにつれて脊柱の変性する確率も高くなるため、羅漢率の多い疾患が脊柱菅狭窄症でもあります。

好発部位は背骨の腰椎4番~5番、腰椎3番~4番、腰椎5~仙骨1番となっています。

脊柱菅狭窄症の症状

①腰痛

基本的に脊柱菅狭窄症は下肢に症状がでるため、腰痛を生じない方もいます。

ただ多くの方は筋膜や椎体が原因の腰痛を併発していることが多いです。

脊柱管狭窄症の腰痛は身体を曲げるのではなく、伸ばすときに症状が強くなることが多いです。

脊柱管狭窄症による疼痛と二次的に周囲筋の緊張による疼痛が両方合わさることがあります。

②両下肢のしびれ

脊柱間が狭くなると神経根が圧迫されるので、神経に支配されている箇所にしびれが生じます。

腰痛と同じく身体を後ろにそらすことで、しびれが増強しやすい特徴があります。

③足の痛み、脱力、筋力低下

足を支配する神経が圧迫されるため、足に痛み、脱力感、筋力の低下が生じます。

脊柱菅狭窄症による足の痛みは広がったように生じるので、放散痛と呼ばれています。

疼痛により日常生活を送る範囲が狭くなるので、歩く量が減ることで二次的にロコモティブシンドロームが生じることも多いです。

④間欠性跛行

間欠性跛行はしびれによる二次的な症状になります。

腰部脊柱管狭窄症は前屈することで症状が和らぐため、『休憩する、間を挟むことで症状が緩和し歩行が可能になる』ことから間欠性跛行と呼ばれています。

脊柱菅狭窄症の治し方

対策を行うことで脊柱管狭窄のしびれや痛みの症状を緩和したり、生活範囲を拡大することが可能です。

上記の情報は薬や手術による対策ですが、ここでは自分で行える対策についてご説明させていただきます!

①腰や足の筋肉を柔らかくする

痛みの影響で腰や足の筋肉が硬くなる傾向があります。

またしびれによる緊張で、しびれが生じてる箇所の筋膜のすべりが悪くなるなることも。

緊張している筋肉を緩めることで痛みやしびれが楽になり、生活範囲を拡大することが出来ます。

②腰を温める

温湿布を腰に貼ることで、リラクゼーション効果や筋の緊張が緩和し脊柱菅狭窄症の症状が和らぎます。

特に冬場はとても有効な方法です。

ただし急性腰痛の場合は温めると逆効果になるので注意してください。

③身体を伸ばさないようにする

腰部脊柱管狭窄症は身体を伸ばすことで狭窄が強まり、足のしびれが悪化する事が多いです。

そのため無理に身体を伸ばそうとせず、猫背になることでしびれや腰痛を軽減することが出来ます。

また、歩いているときに適度に休憩を挟むことで、間欠性跛行の症状を抑えることが可能です。

④バランスを鍛える

腰部脊柱管狭窄症になると神経が圧迫されるので、感覚神経が鈍くなることがあります。

感覚障害が起きると転ぶリスクが上昇し、最悪骨折になってしまうことも。

日ごろから片足立ちや踵上げなど、バランスを鍛える運動を行い、体を訛らせないようにする工夫も必要です。

またエアスタビライザー、ディジョックボード、スイスボールという器具を使用しながら行うのもおすすめになります。

最後に

いかがだったでしょうか?

正直な所、脊柱菅狭窄症の症状を0にすることは現代の医学では難しいです。

理由は神経を圧迫してしまう脊柱の構造自体に問題が残っているためです。

脊柱の構造を治す方法は手術しかありません。

しかし手術で更に状態が悪くなってしまうというケースも少なくないのが現状です。

まず自分で上記の対策を行い、かなり痛みが強い場合や動けなくなってきた時に整体やリハビリに頼るのがよいと思います。

脊柱管狭窄症も症状を和らげたり生活範囲を拡大することは十分可能です!

当院で脊柱菅狭窄症に対する適切なリハビリが可能なので、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)