膝関節の痛み

変形性膝関節症の原因と治療を詳しく解説します!

こんにちは!

墨田区押上にある快活整体 Live Foreverの木村です!

早速ですがこんなお悩みを抱えていないでしょうか?

  • 「お医者さんから膝が変形しているといわれました…。」
  • 「若いころからO脚で…この先も大丈夫か心配です。」
  • 「最近歩くときに膝が痛くて…もしかして変形性関節症かしら。」

膝が痛いと大丈夫なのか心配になるよな〜。

生活に支障が生じるとストレスもたまるわよ。

膝の痛みが治らないと変形性膝関節症じゃないか心配になりますよね。

そんなわけで今回は変形性膝関節症について詳しくご説明させていただきます!

変形性膝関節症について

変形性膝関節

変形性膝関節症は膝関節の軟骨がすり減り歩行時に膝の痛みが出現する疾患です!

軟骨がすり減ると神経が豊富にある滑膜に直接圧が加わり特有の痛みが生じます。

軟骨はクッションの役割があるからな。

どの年代でも男性に比べ女性に多く、高齢者では男性の4倍ともいわれています。

また年齢を重ねるにつれて発症しやすく中高年の女性に多いです。

変形が重度になると歩けなくなることもあり人工膝関節の手術を選択することも。

できれば手術はしたくないわよね。

進行を食い止めるのも重要なポイントになります!

痛みの原因

変形性膝関節症で発生する痛みの原因は様々です!

変形とは一見関係のないように思える原因もあります。

ここでは変形性膝関節症の痛みの原因についてお伝えさせていただきます。

①筋肉のバランスが悪い

筋肉のバランスが悪いと膝の構造にゆがみが生じて痛みが出現します!

膝の筋肉は大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋、大腿筋膜張筋などがあります。

筋肉は関節を安定させる役割もあるんだな。

バランスが崩れると負担が一箇所に集中しちゃうのよ!

②軟骨のすり減り

膝のサポーター

本来が軟骨がクッションの役割をしてくれます!

しかし加齢、肥満、靭帯損傷などが重なると軟骨がすり減り、体重をかけると痛みが出現するようになります。

膝に水が溜まるという現象も軟骨のすり減りが原因です。

へぇー!そうなんだな

そんな所にも関係してくるのね。

③下肢の筋力が弱い

下肢の筋力が弱くなると膝関節に負担がかかり痛みが生じる原因になります!

特に中殿筋という筋肉が弱くなると症状が出現しやすいです!

おしりの筋肉が特に大切なんだな〜。

人間のおしりはゴリラよりも唯一発達している場所なのよ笑

④姿勢や歩き方が悪い

姿勢の変化

姿勢が悪いと膝関節に負担がかかり痛みが発生する可能性があります!

右側のような姿勢が理想的です!

俺は猫背だ…。

私は反り腰になりやすいのよね〜。

変形性膝関節症の治療

リハビリをするセラピスト

変形性膝関節症の治療にはリハビリが有効です!

リハビリでは関節可動域練習、下肢の筋力トレーニング、姿勢の修正を行います。

手術をする前に「リハビリできませんか?」と医師に相談してみることをおすすめします!

リハビリだけでよくなることも多いみたいだぞ!

手術する前に一度試してみましょう!

近所でリハビリを行えない場合は整体に行くのもありです!

最後に

いかがだったでしょうか!

膝が変形しているのか気になる場合は整形外科でレントゲンを撮ってもらいましょう!

レントゲンをとってみたら変形していなかったという場合も多いみたいよ!

病院時代に変形性膝関節症の方を沢山リハビリしましたが、手術をしなくても回復する事が多かったことを覚えています!

当院でも変形性膝関節症のリハビリは可能なのでお困りの方はお気軽にご連絡ください!

関連記事