リハビリ

腱板断裂について

墨田区押上にある『快活整体 Live Forever』です。

「肩がいきなり上がらなくなった」

「五十肩だと思って放っといているが一向に痛みが引かない」

もしかしたらそれは腱板断裂の可能性があるかもしれません。

解決

腱板断裂について

腱板断裂とは外傷や加齢、スポーツ外傷により肩関節を支えている『腱板』とよばれる場所が傷つく疾患を指します。

回旋筋腱板断裂

腱板は『棘上筋』、『棘下筋』、『小円筋』、『肩甲下筋』とすべて筋で構成されています。

特に棘上筋の大結節付着部付近は危険地帯と呼ばれていて、虚弱であり同時に結構が乏しい部位であり腱板断裂の好発地帯と呼ばれています。

『40歳以上の男性』、『右肩』に好発し発症年齢のピークは60代と言われています。

肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが受診する理由として一番多いです。 運動痛はありますが、多くは肩の挙上が可能です。。

肩関節周囲炎と違うところは関節の動きが固くなることが少ない点です。 他に挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

腱板断裂のリハビリ

一般的に断裂した腱板の自然治癒は期待できないと言われており、完全断裂の場合は手術適応になることが多いです。

部分的な断裂や高齢の場合は保存療法を選択することもあります。

腱板断裂のリハビリは時期と症状の強さに応じて変化します。

手術後または保存療法中の急性期は疼痛が強いため、振り子運動、肩関節運動を伴わない筋力exを選択します。

疼痛がだいぶ落ち着いてきたら、残存腱板の機能向上、肩甲胸郭関節の機能改善、不良姿勢の改善、肩甲上腕リズムの改善を目的としたリハビリを開始しします。

患者の肩周りをストレッチする整体師

具体的には肩関節の関節可動域訓練、棒やセラバンドを使用した筋力ex、実用的に手をつかえるように日常生活動作訓練を行っていきます。

最後に

腱板断裂のリハビリは時間を要するので根気が必要です。

しかし、きちんとリハビリを継続していけば以前のように肩が上がるようになってくるので諦めないことが肝心です!

当院でも腱板断裂に対するリハビリは可能なので、症状にお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)