リハビリ

脳梗塞について

「家族が脳梗塞になっちゃった・・・」

「リハビリ病院に行った方がいいのかな?」

「退院しちゃったけど、これ以上はよくならないの?」

昔に比べて脳梗塞発症後の生存率は飛躍的に伸びましたが、自分らしく生活を送れている方は何割いるでしょうか?

今回は脳梗塞について述べさせていただきます。

脳梗塞について

脳梗塞は大きく3つに分類されています!

アテローム血栓性脳梗塞

アテロームは『粉瘤』という意味で、頭の中又は外の大きな血管でできたアテロームを基盤として生じる脳梗塞を指します。

糖尿病、高血圧症、脂質異常症、喫煙が危険因子と言われています。

大きい血管で生じた場合は症状が強く出現し、麻痺や高次脳機能障害が出る場合が多いです。

心原性脳塞栓症

心臓で形成された血栓の流出により出現する脳梗塞です。

心房細動を伴っている場合に高頻度で出現し、脳の大きい血管ん飛んだ場合は意識障害や高次脳機能障害を呈する割合が高いです。

脳梗塞の中で一番重症化しやすく、急性期の状態も一番不安定になります。

ラクナ梗塞

ラクナとはラテン語で『小さなくぼみ』という意味であり、1.5cm以下の小梗塞を指します。

危険因子は高血圧症、糖尿病、脂質異常症でです。

脳梗塞の中で最も症状が軽く、出現しない場合も多い梗塞です。

症状について

脳梗塞になると、片麻痺、高次脳機能障害、感覚障害、認知症の症状が出現する場合があります。

このような場合は発症後にリハビリを必要とすることが多いです。

片麻痺

片麻痺は、運動野という運動をつかさどる神経や脳細胞が障害されることでおこる症状です。中枢神経障害とも言います。

右脳梗塞の場合は左片麻痺、左脳梗塞の場合は右片麻痺と、反対側の上下肢に麻痺が出現するのが特徴です。

また、末梢神経麻痺と違う所は筋の緊張が亢進するという点になります。

道路に例えたイメージでいうと

末梢神経麻痺は道路が一部分断された状態。

中枢神経麻痺は信号がなくなりずっと車が進み続けている状態。

と思っていただければと思います。

車(神経)がずっと動き続けているのでoff状態になりません。ストッパーがなくなる感覚です。

高次脳機能障害

右側に脳梗塞が起きた場合は半側空間無視や注意障害。

左側に脳梗塞が起きた場合は失語、失行、失認。

高次脳機能障害も左右で症状に違いが出ます。

感覚障害

感覚をつかさどる部位が障害されると感覚障害を引き起こします。

これは同側に出現するのが特徴です。

感覚は表在感覚と深部感覚に分かれています。

表在感覚は物に触れる時の触覚、痛みを感じる時の痛覚があります。

深部感覚は視覚で確認しなくても、自分の手や足の位置をわかるための関節位置覚があります。イチロー選手の背面キャッチがわかりやすい例です。

認知症

脳梗塞になると所々の機能が障害される脳血管性認知症になることがあります。

まだら認知症ともいわれ、感情失禁や物とられ妄想が出現しやすいです。

リハビリについて

一般的に医療保険でリハビリ可能な期間は発症から180日間になります。

これは脳の回復過程がおおむね約半年で終了するためと言われています。

しかし、その後も体の使い方を覚えてもらったり、使用していなかった部分を使用するような運動学習を行うと実は改善できる余地はたくさんあります!

上記のような動作を獲得し無意識下で可能にするには、最低でも3ヶ月は週2回の集中したリハビリを続けていく必要がありますが、日本の保険上それを行うのは難しいのが現状です。

自費リハビリという選択肢を増やし、脳梗塞の症状で困っている方が生き生きと生活できる環境を目指していけたらと思います。

当院でも脳梗塞の方のリハビリは可能なのでお気軽にご相談ください(^^)