脳卒中

脳梗塞のリハビリ

こんにちは!墨田区押上にある快活整体 Live Foreverです(^^)

「脳梗塞のリハビリをするにはどんな手段があるの?」

「脳梗塞はどんなリハビリをするの?」

今回はそのような疑問をもつ方へ、脳梗塞のリハビリの手段や方法について理学療法士の私が解説させていただきます。

保険のリハビリ

まずは保険を利用したリハビリ手段をお伝えします。

保険によるリハビリは医療保険と介護保険に大きく分かれています。

どちらも保険が利用できるため、費用を押さえられるというメリットがあります。

医療保険のリハビリ

医療保険で行うリハビリは、通院や入院して行うリハビリを指します。

疾患別で料金が分かれていたり上限日数が決まっているのが特徴です。

メリットはマンツーマンで20分〜60分と長い時間リハビリを行える点。

デメリットはリハビリの可能な日数に期限が決まっていることです。

基本的に医療保険で脳梗塞のリハビリを行える期間は発症日から180日間になります。

これは脳の回復過程がおおむね約半年で終了するためと言われています。

一般的に急性期病院では1ヶ月、回復期病院は6ヶ月で強制的に退院させられてしまうことが多いです。

また一度期限が切れた場合、基本的に医療保険でリハビリを継続することは難しいです。

介護保険のリハビリ

介護保険で行うリハビリは、訪問リハビリ、デイサービス、デイケアで行うリハビリを指します。

メリットは介護区分から外れない限りずっとリハビリを続けられること。

デメリットは区分によって利用できるサービスや利用頻度が制限される点です。

また、あまり専門的なリハビリを行えない、高頻度で利用できないという側面もあります。

基本的に介護保険のリハビリは機能向上ではなく、『機能維持』のレベルに留まることが多いです。

自費のリハビリ

自費リハビリは保険を使わないリハビリを指します。

自費リハビリは保険が利用できないため、費用がかかるデメリットがあります。

しかし、

①リハビリの頻度やリハビリの時間を利用者が選べる

②通院期間の上限がない

③マンツーマンでリハビリを行ってもらえる

④セラピストを利用者が選択できる

⑤ゴールをセラピストと相談しながら決められる

という大きなメリットがあります。

当院も自費リハビリを行ってますが、利用者様やご家族様の要望をお聞きし、できるだけ望む結果をだせるように計画を組ませていただいております。

脳梗塞のリハビリ

急性期と回復期にわけて、大まかなリハビリの流れや方法をお伝えします。

急性期

発症〜1ヶ月の間を主に急性期と呼びます。

バイタルサイン

急性期は心臓や脳の活動が不安定なため、血圧や脈拍といったバイタルサインのリスク管理を特に注意してリハビリを行います。

次に麻痺に対するリハビリですが、基本的に麻痺というのは日時が立つにつれて遅緩性(全く動かない状態)から痙性(カチカチの状態)という流れに移行します。

なので痙性=悪いわけではなく、正常な回復過程なので心配しなくて大丈夫です。どんどん刺激を入れて、麻痺側に神経を通わせていきます。

また、姿勢の変化で筋肉の緊張の度合いも変化します。

仰向け→座位→立位と不安定になればなるほど緊張は上がるので、刺激をいれるためにセラピストは不安定な姿勢をとるリハビリを行います。

座位、立位、歩行をどんどん行い、緊張を高めて麻痺と感覚を回復していくのが急性期の主なリハビリの目的となります。

回復期

発症から一ヶ月〜半年を主に回復期と呼びます。

一般的に脳の回復過程は発症から6ヶ月を区切りに緩やかになるといわれているので、概ね半年で回復期病院を退院することになります。

まずはどの病院や施設でも、麻痺のステージ、感覚検査、装具、姿勢のとり方、歩行能力、日常生活動作能力の評価を利用者様ごとに行います。

その後、麻痺側の促通や痙性している筋の活動抑制、弱っている筋肉の強化、隨意性(自分でコントロールする感覚)の向上、バランス訓練、歩行動作やその他日常生活動作能力の改善を行います。

急性期と違い、細かい生活動作の修正や麻痺側の実用的を高めるためのリハビリが行われます。

生活期

これからの時代は回復期が終了した後の生活期に自費リハビリを行うことで更に生活の質を高める必要があると考えています。

退院した後も、普段の姿勢や生活動作に大きな問題が生じている事が多いため、その点を自費リハビリでカバーする必要があります。

また、「歩行レベルを更に上げたい」、「お出かけできる距離を伸ばしたい」、「なるべく発症前と同じように動けるようになりたい」と考えている方がほとんどだと思います。

回復期の部分で脳の回復過程は概ね半年で終了するといいましたが、麻痺側の促通や隨意性の向上はどの時期でも回復が期待でき、生活レベルを上げることはある程度可能です。

生活の質を上げたい方は自費リハビリの活用を強くおすすめします。

最後に

いかがだったでしょうか?

ここ数年で自費リハビリを行える施設はどんどん増加しています!

また自費リハビリ施設で勤めている職員は、経験豊富なセラピストが多いです。

保険のリハビリで満足する結果が得られなくても諦める必要はありません。

この記事を見ている読者様の住まいの近くに自費リハビリ施設がある場合は、一度調べてみて試してみることをおすすめします。

当院でも脳梗塞に対する自費リハビリが可能なので、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)