脳卒中

くも膜下出血の後遺症

こんにちは!

快活整体 Live Foreverの木村亮介です(^^)

この記事を見ている方は、おそらくご自身や身内が【くも膜下出血】になってしまった方だと思われます。

「どんな後遺症があるの?」

「くも膜下出血を発症した後はリハビリをしてどの程度よくなるものなの?」

「今後は介護とかも考えなくちゃいけないのかな」

今回はそんな【くも膜下出血】の後遺症に関するお悩みについて主に解説させていただきます。

解決

くも膜下出血について

脳には硬膜、くも膜、軟膜という3つの膜があるのですが、くも膜と軟膜の間にあるくも膜下腔という場所に出血が生じる病態をくも膜下出血と呼びます。

突然の激しい頭痛、意識障害で発生する事が多いです。

大動脈に【脳動脈瘤】というコブができ、それが破裂することによって生じるケースがほとんどです。

クモ膜下出血は出血の程度や場所によって症状が変わります。

後遺症は発症から治療までの時間、出血の程度や場所、年齢によって影響が生じます。

治療までの時間が短かったり出血の程度が軽度であれば後遺症が残る可能性が低くなるので、頭の違和感や普段の頭痛とは違う痛みを感じる場合はすぐに病院にかかりましょう。

発症初期には脳内への出血や脳血管の痙攣(脳血管攣縮)による脳梗塞をきたし局所の神経症状が生じることも。

出血による圧迫や二次的な脳梗塞が【手足の麻痺】【感覚障害】【高次脳機能障害】という他の脳卒中の病気と同じような症状を引き起こすという流れになります。

急性期がすぎても正常圧水頭症による認知症や歩行障害を呈することもあるので注意が必要です。※正常圧水頭症はきちんと手術すれば症状は完治します。

症状の詳細についてはこちらをご参照ください↓

くも膜下出血のリハビリ

くも膜下出血のリハビリは急性期と慢性期で大きく対応が変わってきます。

急性期は意識障害や脳血管攣縮を引き起こし命の危険が生じる可能性が高いので、血圧や呼吸などのバイタルサインを十分に考慮する必要があります。。

管理をした上でベッド上での拘縮予防や座る練習から開始。

座る練習をする時も、起立性低血圧を生じる可能性があるので逐一バイタルサインをチェックします。

バイタルサインが安定してきたら車椅子乗車を開始して【日中の座る時間を伸ばす】【覚醒の向上を促す】【立つ練習】といったリハビリを開始します。

座る練習や立つ練習は不安定な姿勢をとることで覚醒や筋出力の向上が見込めるので一石二鳥の方法なんです。

バイタルサイン

急性期が落ち着いたら、症状や元々の生活レベルを考慮してリハビリが進められていきます。

この時期に急性期病院からリハビリ専門の病院に移ることが多いです。

身体能力が高ければ歩く練習や階段の練習を行うこともあります。

リハビリ病院である程度生活できるレベルに到達した上で退院という形になります。

ただし先程述べたようにクモ膜下出血は後遺症が残りやすい病気です。

回復期病院を退院した後も外来や訪問でリハビリを継続するケースが多いです。

ただし保険のリハビリは色々な制限があるので、もう少し頻度を多くしたい場合は当院のような自費リハビリに通われる方も増えています。

最後に

いかがだったでしょうか?

「あんまりよくならないのかな…」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、クモ膜下出血は他の脳卒中と違い症状や回復具合が人により大きく異なります。

端的に言うと【必要な時に最善の行動を行えば回復する希望もある】ということです。

もちろん症状の程度や年齢も関係してきますが、何もしていないよりもリハビリを継続すれば確実に良い方向に進みます。

「もう少しちゃんとしたリハビリをしたい」

「リハビリをすればもう少し動けるようになりそうだけど満足に受けられる場所がない」

上記のようなお悩みを持つ方はお力になれるかもしれないのでお気軽に当院へご相談下さい(^^)