リハビリ

変形性肩関節症のリハビリについて分かりやすく解説!

こんにちは!

快活整体 Live Foreverの木村です!

早速ですがこんなお悩みを抱えていないでしょうか?

  • 「肩が痛くて上がらなくなってきた」
  • 「また五十肩かな?」
  • 「肩を動かすとコキコキなる…」

もしかしたらその原因は変形性肩関節症かもしれません!

今回は変形性肩関節症の概要とリハビリ内容について触れていきます。

変形性肩関節症とは

変形性肩関節症は加齢や可動域制限にて関節に負担がかかり、肩関節が変形してしまった状態をさします。

肩関節は体重をかける機会が少ないので変形する事は比較的少ない場所です。

しかし骨折や五十肩の症状、肩に負担がかかる機会が多いと軟骨が変形してしまうケースがあります。

負担が長引くと変形性肩関節症につながってしまうという流れになります。

なるほどね。五十肩とか骨折がきっかけで変形することが多いんだな。

あとはリウマチの方がなりやすいのよね。

変形性肩関節性は医師がレントゲンやMRI等の画像を撮って診断が確定します。

症状が重度で生活に支障が生じている場合は、人工骨頭置換術や人工肩関節置換術という手術を行うことも。

変形性肩関節症のリハビリ

療法士と上肢のトレーニング

変形性肩関節症はリハビリが有効です!

肩の痛みが強い時期はセラピストによるストレッチ、テーブル拭きといったリハビリを行います。

また握力のトレーニングや棒体操を取り入れることも。

痛みが収まってきたら筋トレや生活動作をリハビリに組み込んでいきます。

痛みに合わせてリハビリ内容が変わるんだな。

リハビリは痛ければいいってもんじゃないのよ〜。

肩の可動域と痛みが改善し生活に支障がなくなった時点でリハビリは終了になります。

セルフ対策としては肩を温めたり、先程お伝えしたテーブル拭きがおすすめです。

最後に

変形性肩関節症を放置していると痛みがどんどん強くなることがあります。

リハビリで可動域を改善したり痛みを減少させることが可能です!

まずはお医者さんに相談しましょう!

もし病院でリハビリを行えない場合は理学療法士のいる整体院がおすすめです。

当院では変形性肩関節症のリハビリが可能なのでお困りの方はお気軽にご相談ください!

関連記事