リハビリ

変形性脊椎症について

墨田区押上にある『快活整体 Live Forever』です。

「なんだか背骨が曲がってきている気がする」

「片方の背中や腰の張りが気になり…」

もしかしたらそれは変形性脊椎症の可能性があるかもしれません!

解決

変形性脊椎症について

変形性脊椎症はその名の通り、脊柱が加齢や不良姿勢によって変形してしまう疾患を指します。

変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)とは、脊椎の椎体と椎体の間でクッションの役割を果たしている椎間板が変形し、椎体の縁に骨の突出(骨棘)ができ、神経や脊髄が圧迫されて痛みなどが起こる病気の事である。この病気は主に頸椎と腰椎に起こり、前者を変形性頸椎症、後者を変形性腰椎症と称する。

Wikipediaより

上記の通り頚椎と腰椎が変形しやすいと言われています。

脊椎

椎間板の狭小化、椎体の骨棘(骨のトゲ)形成、靭帯の肥厚などによって、重度になると脊椎間狭窄症や脊髄障害を生じる可能性があります。

レントゲン検査を行うことで診断が可能です。脊柱管狭窄症や神経根症状の強いときはMRI検査を行うこともあります。

変形性脊椎症のリハビリ

基本的に変形性脊椎症は加齢により進行するため完全に治癒することは難しいです。

しかし普段取りやすい不良姿勢を見直したり、緊張している筋のストレッチ、弱っている筋の筋力強化を行うことで、痛みや違和感を軽減したり進行予防を行うことは可能です。

階段を上る

まずはしびれなどの神経症状や感覚に問題がないか、普段どのような姿勢を取りやすいかを評価することが重要になります。

その上で問題になっている筋のストレッチ、頸部や体感の筋力ex、バランスex、良好な姿勢をとるための運動学習をリハビリで行うことが多いです。

最後に

先程も述べたとおり、変形性脊椎症は適切なアプローチを行うことで症状を緩和したり進行を予防することは可能です。

当院でも変形性脊椎症のリハビリは可能なので、「背骨が曲がりが気になる…」「どうゆう運動をしたらいいか分からない…」

上記のようなお悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください(^^)