骨折

大腿骨遠位部骨折について

こんにちは。墨田区押上・錦糸町エリアにある快活整体 Live Foreverです(^^)

今回は回復に時間がかかりやすい、大腿骨遠位部骨折の概要とリハビリについてご説明させていただきます。

大腿骨遠位部骨折

大腿骨遠位部骨折は大腿骨の膝関節に近い部分が折れる骨折を指します。

大腿骨顆上骨折とも呼ばれます。

大腿骨骨幹部骨折と同じく、スポーツや交通事故などと関連して発症する若年者や、骨粗鬆症を持つ高齢者にみられることが多いです。

手術適応になることが多く、プレートや髄内釘などの骨接合術(ORIF)を行います。

免荷期間があり、おおよそ手術後〜4週間は免荷、4週〜6週で1/3荷重、6週〜8週で1/2荷重、8週〜全荷重というパターンになります。※医師の画像所見の判断で変化します。

大腿骨遠位部骨折のリハビリ

大腿骨遠位部骨折は膝関節拘縮になるリスクが高いので、多少痛くてもガンガン膝を曲げる関節可動域訓練を行っていくことが重要です。

免荷期間から膝関節の関節可動域訓練、全身の筋力ex、平行棒内歩行、松葉杖歩行練習を開始します。

また病院によっては持続的関節他動訓練器(CPM)という機器で膝を曲げるリハビリが行われることも多いです。

部分荷重期間はその荷重に合わせた閉鎖的運動連鎖exや歩行練習を開始し、実用歩行の獲得を目指します。

全荷重になった段階で杖歩行やフリーハンド歩行ex、階段昇降exを取り入れて骨折前の日常生活動作レベルに戻していきます。

最後に

大腿骨骨幹部骨折は回復するのに時間がかかり、若い方でも1ヶ月~2ヶ月は退院するのに時間がかかります。

きちんとリハビリを行うことで元の状態に戻すことは可能なので、諦めずに継続することが大切です。

当院でも大腿骨骨幹部骨折のリハビリは可能なので、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)