骨折

膝蓋骨骨折について

こんにちは!快活整体 Live Foreverの木村亮介です(^^)

今回はお皿の膝小僧で有名な、膝蓋骨骨折の概要とリハビリについてお伝えさせていただきます。

膝蓋骨骨折

膝蓋骨骨折は膝小僧(膝のお皿)の骨が折れる骨折を指します。

膝蓋骨は英語でパテラのため、パテラ骨折とも呼ばれます。

階段などの角や転んで膝をぶつける、或いは膝の上に物が落ちて当ったときに発症しやすい骨折です。

膝蓋骨がバラバラでなければ手術をしないこともありますが、基本的に医療用の針金で骨を固定する手術を行うことになります。

手術後は1ヶ月ほど入院しながらリハビリを行い、自宅退院になるパターンが多いです。

膝蓋骨骨折の手術後は、膝が曲がらないようにするニーブレースという固定具を装着してしばらく生活を送ることになります。

膝蓋骨骨折のリハビリ

ニーブレースを装着して歩けるようになった段階で退院される方もいますが、膝の曲がりが不十分なままだと生活に支障が生じるため最低でも1ヶ月程度はリハビリが必要となります。

リハビリでは痛みに合わせて、膝関節の関節可動域トレーニング、大腿四頭筋やハムストリングの筋力トレーニング、歩行練習、階段昇降練習を開始していきます。

膝蓋骨骨折では特に膝関節の拘縮に注意する必要があり、多少痛くても頑張って曲げていくリハビリが重要になります。

多くはニーブレースを外せるようになり、かつ生活に支障のない膝の可動域を獲得した時点で退院となります。

その後も外来でリハビリを継続し、膝関節の曲がりが120°程度曲がるようになったら一旦終了になります。

手術してから一年後くらいに針金を抜く手術をすることが多く、その後は膝の曲がりを120°以上に拡大していくリハビリを行うこともあります。

最後に

膝蓋骨はリハビリをしっかり続けることで改善が見込めます。

まだ膝が硬いという症状が残っている方はリハビリや整体を受けることをおすすめします。

当院でも膝蓋骨骨折のリハビリは可能なので、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください(^^)