骨折

脛骨骨幹部骨折のリハビリを理学療法士が解説!

こんにちは!

快活整体 Live Foreverの木村亮介です(^^)

今回は脛骨骨幹部骨折でお悩みの方向けの記事です!

  • 「脛骨の真ん中部分を折ってしまった」
  • 「リハビリをしてどこまで元に戻るんだろう…」
  • 「お医者さんから説明はされたけどよくわからなくて不安…」

弁慶の泣きどころか!

痛そうよね…

あまり発症頻度は少ないのですが、今回は脛骨骨幹部骨折の概要とリハビリについてお伝えさせていただきます

理学療法士の私が解説させていただきます!

脛骨骨幹部骨折について

脛骨骨幹部骨折は、ふくらはぎの部分にある脛骨の真ん中が折れる骨折です。

交通事故スネを大きくぶつける外傷で生じることが多いです。

手術になることが多く、髄内釘固定法という手術を行います

やっぱり手術が必要なのか〜。

手術しないと回復が遅くなっちゃうからね。

  1. 手術直後〜4週間は免荷(体重をかけない)
  2. 4週〜6週で1/3荷重
  3. 6週〜8週で1/2荷重
  4. 8週〜全荷重

上記のような経過をたどることが多いです。

厳密にはお医者さんが画像をみながら確認し進めていきます!

脛骨骨幹部骨折のリハビリ

脛骨骨幹部骨折で固まりやすいのは膝関節と足関節です。

膝と足首2つもか!これは大変だな。

基本的に膝に時間がかかることが多いわ。

免荷期間から膝と足首の関節可動域訓練、全身のトレーニング、平行棒歩行、松葉杖歩行を開始します。

部分荷重期間は、荷重に合わせたトレーニング(スクワット・踵上げ等)と歩行練習を追加。

全荷重になると杖歩行やフリーハンド歩行、階段昇降を取り入れて骨折前の生活レベルに戻していきます。

1ヶ月~1ヶ月半入院してリハビリを行い自宅退院になることが多いです。

その間休むのはキツイな…。

デスクワークなら座っても仕事できるからね。それでも無理は禁物よ。

膝や足首の可動域改善には時間がかかるので、外来でリハビリを継続することも。

可動域も回復して生活レベルが戻ったらリハビリが終了になります!

最後に

脛骨骨幹部骨折もリハビリを行えば後遺症が残ることは少ないです!

後遺症が残る人のが昔は多かったんだよな。

リハビリもすぐにできるし、恵まれている時代よ!

膝や足首に拘縮が残っていても、リハビリを開始すれば改善することが多いです。

昔に骨折した方でも諦めなくて大丈夫!

当院では骨折の適切なリハビリが可能なので、悩まれている方は是非ご相談ください!

関連記事