骨折

脛骨骨幹部骨折について

こんにちは。快活整体 Live Foreverの木村亮介です(^^)

今回はあまり発症頻度は少ないのですが、後遺症が残りやすいといわれている脛骨骨幹部骨折の概要とリハビリについてお伝えさせていただきます。

脛骨骨幹部骨折

脛骨骨幹部骨折は下腿の骨である脛骨の真ん中部分が折れる骨折を指します。

交通事故やスネを大きくぶつける外傷で生じることが多いです。

大腿骨骨幹部骨折と同様に手術になることが多く、髄内釘固定法という手術を行います。

おおよそ手術後〜4週間は体重をかけては行けない免荷期間、4週〜6週で1/3荷重、6週〜8週で1/2荷重、8週〜全荷重というパターンになります。※医師が画像所見で判断します。

脛骨骨幹部骨折のリハビリ

脛骨骨幹部骨折で固まりやすいのは膝関節と足関節です。

脛骨骨幹部骨折は体重をかけてはいけない免荷期間から、膝関節と足関節の関節可動域訓練、全身の筋力トレーニング、平行棒内歩行、松葉杖歩行練習を開始します。

1/3や1/2といった部分荷重期間は、その荷重に合わせた閉鎖的運動連鎖トレーニング(スクワット・踵上げ等)や歩行練習を開始し、実用歩行の獲得を目指します。

全体重がかけられる全荷重になると杖歩行やフリーハンド歩行練習、階段昇降練習を取り入れて骨折前の日常生活動作レベルに戻していきます。

おおよそ一ヶ月~一ヶ月半程度入院しながらリハビリを行い自宅退院になります。

膝関節や足関節が固くなりやすいので、退院後も可動域を戻すためのリハビリを継続することも。

可動域も回復し、生活レベルが戻った段階でリハビリも終了となります。

最後に

脛骨骨幹部骨折もきちんとリハビリを行えば後遺症が残ることは少ないです。

膝や足首に拘縮が残っていても、よくなる場合も多いです。

当院でも脛骨骨幹部骨折のリハビリは可能なので、後遺症で悩まされている方はお気軽にご相談ください(^^)